Blog&column
ブログ・コラム

相続税の控除とは?

query_builder 2022/11/03
コラム
46
税金にはさまざまな控除が設けられていますが、相続税も例外ではありません。
そこで今回は、相続税の控除について見ていきましょう。

相続税に関する控除
相続税には被相続人が亡くなられた時の控除と、亡くなられる前の控除があります。

■被相続人が亡くなられた時の相続税の控除
相続人が亡くなられた時は、残された遺産がいくらになるかを計算して課税額がはじき出されます。
ただ、相続税に当たらない「基礎控除」と呼ばれる金額が設けられており、この基礎控除を差し引いて計算する仕組みです。
基礎控除額は3000万円で、これに法定相続人1人当たりの控除額である600万円が加算されます。

例えば配偶者と子供が2人いる場合は、3000万円の基礎控除に法定相続人の控除額を600万円ずつ加算しますので、合計で4800万円です。
仮に遺産が6000万円あったとすると、控除額の4800万円を差し引いた2200万円が残ります。
この場合は、課税対象額の3000万円以下になるため、相続した遺産に税金はかかりません。

生前贈与における相続税の控除
60歳を過ぎた方であれば、20歳以上の子や孫に最大で2500万円を非課税で生前贈与できます。
あるいは、1年間に110万円の贈与も非課税ですので、これを何年間かにわたって行うのも選択肢の一つです。
最大で2500万円を生前贈与した場合は、亡くなられた際の遺産から2500万円が控除されます。
もし相続税が発生したとしても、先に生前贈与しているために税負担が少なくて済むのがメリットです。

▼まとめ
相続税の税率は、遺産額に応じて10%から55%と大きく変動します。
遺産が多い方ほど相続税の課税額が重くなるため、控除できるものは利用しておくといいですね。
当事務所には相続対策に強いスタッフが在籍しており、さまざまなご提案をさせていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 法人の設立、おめでとうございます!

    query_builder 2022/10/03
  • 地元金融機関との交流会

    query_builder 2022/11/15
  • 金融機関との勉強会

    query_builder 2022/11/22
  • 経営力向上計画

    query_builder 2022/09/02
  • 先端設備等導入計画の認定申請

    query_builder 2022/08/26

CATEGORY

ARCHIVE