Blog&column
ブログ・コラム

生前贈与の注意点について

query_builder 2022/01/15
コラム
23
生前贈与とは、生存者が財産を無償で贈ることを意味します。
生前贈与は、相続税の節税対策として知られていますが、後にトラブルとなるリスクがあります。
そこで今回は、生前贈与の注意点について解説いたします。

生前贈与の注意点とは
■年間で110万円を超えると贈与税がかかる
贈与するお金は、一定の金額を超えると贈与税がかかります。
相続税の対策として生前贈与を行うなら、110万円以内に抑えましょう。
また、贈与税は、相続税に比べて税率が高くなっていますので注意してください。

■その都度証拠を残しておく
年間に110万円を超えない贈与となると、土地や建物の贈与は難しくなります。
生前贈与は、ほとんどの場合が現金もしくは貯金のやり取りとなるでしょう。
銀行振込で送金した記録を残したり、公証役場で贈与契約書を作成しておくと証拠として残しておけるため安心です。
やり取りの証拠が無い場合、贈与とみなされない場合があるので注意してください。

相続から3年以内の贈与税は相続税が加算される
生前贈与は、状況の変化よって相続税が加算されます。
相続人が亡くなると、3年以内に贈与した分については、相続税の対象となります。
そのため、贈与は計画的に始める必要があります。
早く贈与を始めると、それだけ多くの相続税対策となります。

▼まとめ
生前贈与は、相続税の節税対策として有効です。
しかし相続財産が減ることを意味するため、相続人同士のトラブルを想定した適切な対策が必要です。
当税理士事務所は、生前対策・税務相談相続対策に強い税理士事務所としてお悩みのサポートを行っています。
また財務・税務・会計のトータルアドバイザーとして申告から節税対策までワンストップで対応しております。
お気軽にご相談ください。

NEW

  • 暗号資産 仮想通貨 ご相談

    query_builder 2022/01/13
  • えびす祭の残り福

    query_builder 2022/01/11
  • 新年 あけましておめでとうございます

    query_builder 2022/01/04
  • 仕事納め

    query_builder 2021/12/30
  • 伊勢志摩から帰ってきました

    query_builder 2021/12/28

CATEGORY

ARCHIVE