Blog&column
ブログ・コラム

生前贈与税の時効について詳しく解説

query_builder 2021/12/22
コラム
20
生前贈与を受けた場合、その額に伴い税金を支払わなければなりません。
実はその税金を申告しなかった場合、時効により消滅する場合があることをご存じでしょうか。
今回の記事では、生前贈与の税金に関する時効に関して紹介します。

生前贈与税の時効について
■時効の期間
生前贈与に関する税金を支払わなかった場合、6年で時効を迎えます。
時効を迎えるということはつまり、納税義務がなくなるということです。
しかし、故意に申告しなかったとみなされた場合は、時効までの期間が7年となります。

■時効期間の起算日について
時効期間を計算するうえで重要なポイントといえば、時効期間の起算日を知ることです。
生前贈与税の時効起算日は、贈与を受けた日ではなく、贈与を受けた翌年の3月16日です。
その理由としては、贈与を受けた翌年の3月15日が申告期限となり、その翌日を起算日としてカウントするためです。

生前贈与税の時効が発生しにくい理由
生前贈与税の時効はあくまで例外的な措置です。
基本的には時効になるというケースはあまりありません。
その理由を2つ解説します。

■名義預金として判断されるため
よくあるケースとして、子供のために銀行口座を開設し預金していたという場合があります。
生前贈与を目的に子供名義の銀行口座へ預金し、その事実を子供に伝えていないという場合は「名義預金」と見なされます。
つまり、預金者である親が亡くなった時に相続が発生し、税金が課されるのです。

■貸付金・立替金として判断されるため
貸付金・立替金として判断されるのは、留学や会社設立などの理由で、莫大な金額を受け取った場合です。
その理由としては、返済する前提でお金を受け取ったと判断されるためです。
この場合は贈与に該当しませんが、相続が発生した際はこのやり取りにも税金が課されます。

▼まとめ
生前贈与税の時効は基本的に6年です。
しかし故意に申告しなかった場合は、時効が7年になってしまいます。
生前贈与税の時効はあくまで例外的な措置なので、贈与を受けたらきちんと税金は納めましょう。
「美藤公認会計士・税理士事務所」では、そんな生前贈与に関するお悩み事も受け付けております。
気軽にお問い合わせ下さい。

NEW

  • 経営力向上計画

    query_builder 2022/09/02
  • 先端設備等導入計画の認定申請

    query_builder 2022/08/26
  • 日本政策金融公庫

    query_builder 2022/08/10
  • ドバイ(UAE)

    query_builder 2022/07/27
  • 日本政策金融公庫

    query_builder 2022/07/22

CATEGORY

ARCHIVE